戦前の略字体

 戦後「当用漢字」(現在の「常用漢字」)に採用された略字体は、戦後になって創作されたものでしょうか。
 確かに、一部にそのようなものもありましたが、多くは戦前から広く用いられていた字体です。そのような中から一部を紹介します。

 図中、赤い丸が略字体、青い丸が正字体です。


 某リサイクルショップでは紙屑扱いとしてロハでもらってきたのですが、何と表紙には「(第九十囘帝國議會提出)(改第二[号乕]) 昭和二十一年度改定歳入歳出總豫算追加」とありました。
 通貨単位の「円」の文字は、略字体の「円」と、別のページでは正字体の「圓」も混ぜて使われていました。経費の「経」も同様で、正字体と略字体が混ざっています。
 また、これからわかるように、しんにょうは手書きでは点が一つでよいのです。点が二つになるのは明朝体やゴシック体のような活字体のみで、手書きや毛筆体は戦前でも点一つでした。



 「受驗戰」昭和十二年二月號(英語通信社 發行)より。
 「断」「験」「児」などの略字が使われています。
 また、活字体と違い、手書きでは「者」の「ノ」と「日」の間に付く点が付かないことが多いのに注意。



 「洋裁春秋」昭和十五年一月十日発行(洋裁春秋社)より。



 「家務整理 ―ラヂオ夏期講習―」昭和二年七月二十二日発行(東京中央放送局)より。
 NHKのラジオ講座のテキストはこんな昔からあったのです。こういう婦人向けの本や雑誌もいろいろありました。
 さて、この「図」という略字は、やはり戦前からよく使われていたことがわかります。


首頁へ